お知らせ

創業100周年を迎えた吉岡幸蠅「赤十字活動資金」を寄付!
 福井市の吉岡幸株式会社(吉岡正盛代表取締役社長)は7月29日、日赤福井県支部を訪れ、赤十字活動資金として100万円を贈りました。今年で創業100周年を迎えた同社は大正8年5月、「みんなが幸せになる。」とのそんな思いから正盛社長の祖父・吉岡幸四郎さんが名付け、金物屋「吉岡幸商店」として創業。現在は建設・産業資材のトータルサプライヤーとして北陸新幹線の延伸工事や駅前の再開発事業など、福井県のまちづくりに大きく携わっています。
 この日、日赤本社理事として33年間の長きに亘り貢献された同社の吉岡幸一社主や田中伸和執行役員とともに訪れた正盛社長は「色々な方々に支えられて迎えることができた100周年。この寄付金が皆様のお役に立つことができれば」と話し、小林正明同支部事務局長に手渡しました。
写真
小林事務局長(左)に手渡す、正盛社長(中央)と吉岡幸一社主(右)
写真
小林事務局長(左)と吉岡幸一社主(中央)、正盛社長(右)

↑ページのトップへ